10,000円以上お買い上げで送料無料 16時までのご注文は当日発送

 

Red Wing/レッドウィング No.101

価格: ¥37,800 (税込)
[ポイント還元 756ポイント~]
数量:
カラーサイズ在庫購入
Black“Chaparral”US 7:(約25.0cm)×
US 7 1/2:(約25.5cm)
US 8:(約26.0cm)
US 8 1/2:(約26.5cm)×
US 9:(約27.0cm)
US 9 1/2:(約27.5cm)×
twitter

アメリカ全土のポストマン達に愛用され続けるRed Wing[No.101]

No.101はレッド・ウイング社がポストマンとポリスマンのために開発し、1954年に世に出されました。1960年にデザインが改良され、アッパーを一枚改革とした流麗なものとなった後、アメリカ全土のポストマン達に愛用され続けてきました。日々何マイルもの距離を歩くポストマンの為に作られたNo.101のクッションソールは、衝撃を吸収し、アッパーのレザーは足をしっかりと包み込みます。他のレッドウイングシューズと同じように、履きこむことで味のある一足に仕上がっていきます。

※レザーに細かなキズ、接着剤の付着、染めムラなどがある場合がございますので、予めご了承下さい。

モデルは普段、BIRKENSTOCK / EUR41、New Balance / US9 1/2、VANS / US9 1/2、を着用しています。
こちらの商品は、US8 がジャストサイズです。ご購入の際の目安としてご参考にして下さい。

REDWINGRED WING / レッドウィング

レッドウィング社の創設者チャールズ・ベックマンは、19世紀後半に新天地への夢を胸に、ドイツからアメリカへ移住した。17歳だったベックマンはアメリカ内陸部ミネソタ州のレッドウィング・シティーで列車を降り、その地の革工場に職を見つけた。そこで働くうちに、ベックマンは自然と革製品である靴に興味を持つことになる。そして、1883年、ついに靴屋を始めるに至る。「本当に良い靴を売りたい」という彼の気持ちは、町の人々の評判になり、その真摯さは来店した客の足にぴったりと合わない時は、頑なに販売を拒むほどであった。並々ならぬ靴への情熱で、靴屋は成功したにもかかわらず、ベックマンの不満は高まっていた。本当に良い靴が少ない、という不満だ。彼は次第に、店にあるどの靴よりも良い靴を自分で作るしかないと考えるようになった。1905年、ついに彼は14人の仲間と「レッドウィング・シューカンパニー」を設立した。これが今日に至るレッドウィング社の歴史の始まりである。

納期16時までのご注文は当日発送
カテゴリシューズ > ブーツ
WidthD
サイズ7(約25cm)
7 1/2(約25.5cm)
8(約26cm)
9 1/2(約27.5cm)
素材レザー
生産国U.S.A.
品番RW101

関連商品

ページトップへ