10,000円以上お買い上げで送料無料 16時までのご注文は当日発送

 

REDWING
【 RED WING / レッドウィング 】
レッドウィング社の創設者チャールズ・ベックマンは、
19世紀後半に新天地への夢を胸に、ドイツからアメリカへ移住した。
17歳だったベックマンはアメリカ内陸部
ミネソタ州のレッドウィング・シティーで列車を降り、その地の革工場に職を見つけた。
そこで働くうちに、ベックマンは自然と革製品である靴に興味を持つことになる。

そして、1883年、ついに靴屋を始めるに至る。

「本当に良い靴を売りたい」という彼の気持ちは、町の人々の評判になり、
その真摯さは来店した客の足にぴったりと合わない時は、頑なに販売を拒むほどであった。
並々ならぬ靴への情熱で、靴屋は成功したにもかかわらず、ベックマンの不満は高まっていた。

本当に良い靴が少ない、という不満だ。

彼は次第に、店にあるどの靴よりも良い靴を自分で作るしかないと考えるようになった。
1905年、ついに彼は14人の仲間と「レッドウィング・シューカンパニー」を設立した。
これが今日に至るレッドウィング社の歴史の始まりである。


上記カラー:Gold Russet “Sequoia”

使用している革にはふんだんにオイルを含みながらも上品な光沢を放つ、
そんな当時の革に近い特徴を持った革を使用しています。



時代とともに変化を続けるタグですが、今回の「アイリッシュセッター」には登場当初の織りタグを採用しています。


1990年代中頃まで、右足の内側にRED WINGの文字が刻印されていたものを再現しています。

現行の6インチ・モックトゥではロックステッチミシンで縫われていますが、
今回の「アイリッシュセッター」には、オリジナル同様古いピューリタンミシンを用いチェーンステッチで縫われています。

発売当初はナイロンのシューレースではなく革のシューレースが付いており、そのディテールも再現しています。

Yellow / Brownのシューレースが替えで付きます。
1980年代までステッチのほつれを防ぐために付けられたレクタングル・バータック・ステッチも再現されています。

当時の「アイリッシュセッター」には現在のブラック&ホワイトの縫い糸だけでなく、
マホガニーと呼ばれるグリーンがかった独特な色味の糸を使用しています。

靴箱もかつての「アイリッシュセッター」に使用されていた、サイドシールを再現した箱になります。

【From:スタッフ】
今回満を持して登場した6インチ・モックトゥ、6インチラウンドトゥ、ペコスの3型には
『ゴールド・ラセット“セコイア”』という当時の色味に近いレザーを使用しています。

50年代当時とは比べられないならないほど厳しい現代の環境保護基準に適応した革なめし方法で
当時のレザーを再現するため、幾度となくサンプルなめしを繰り返しました。
また当時のディテールを再現するために、
現在では使われなくなった当時の機械をメンテナンスできる、すでに退職した職人を呼び寄せたりと
今回の「アイリッシュセッター」を復活させるという強い想いが感じられます。

「アイリッシュセッター」が誕生して間もない、1950年代。
当時と同じアメリカの工場、当時と変わらぬ製法、
その時代のたたずまいを色濃く残した名作が見事に復活しました。

【注意事項】
レザーに細かなキズ、接着剤の付着、染めムラなどがある場合がございますので、
予めご了承のほどお願い致します。


【WIDTH】
E

【サイズ】
6 1/2:(約24.5cm)
7:(約25.0cm)
7 1/2:(約25.5cm)
8:(約26.0cm)
8 1/2:(約26.5cm)
9:(約27.0cm)
9 1/2:(約27.5cm)
10:(約28.0cm)

【生産国】
MADE IN U.S.A

Red Wing/レッドウィング No.9875

価格: ¥44,820 (税込)
[ポイント還元 896ポイント~]
数量:
カラーサイズ在庫購入
Gold Russet “Sequoia”US 6 1/2:(約24.5cm)×
US 7:(約25.0cm)×
US 7 1/2:(約25.5cm)×
US 8:(約26.0cm)
US 8 1/2:(約26.5cm)×
US 9:(約27.0cm)×
US 9 1/2:(約27.5cm)×
US 10:(約28.0cm)×
twitter

関連商品

ページトップへ